moeで「逃走中」

MMO「master of epic」内で「run for money 逃走中」をやろうかなと思っているぶーけの告知用ブログ


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第11回逃走中レポ(3)


※このレポは続き物になります。ちょっと長くなりそうなので、
前編中編後編から1,2,3,・・・へと変更しました。

1は→こちら
2は→こちら



 開始からすでに7時間。エージェント達に確保され、強制収容所へ連行された逃走者達も多い中、いまだ広いビスクの街を逃れ続ける者達もいた。
 だが、そんな彼らにさらなる試練が襲い掛かった。

*ゾーン閉鎖予告*
 午前9時に、ビスク西エリア・ビスク東エリアを閉鎖する。
 閉鎖された後、当該地域にいた場合は強制的に失格となる。


 残された時間は、あと2時間。
 
 エージェント達は、機械的に動いている。そのため、ゾーン付近で待ち伏せする等の行動を取る事は無い。
 だが、西エリア・東エリアにいる者は、その潜伏場所から出て移動しなければならない。自ずと発見される確立は増加する。
 
 恐怖に震えながら、安全なエリアへと移動する逃走者。
 その後姿を、エージェントが捉えた。
 ターゲットを補足し、加速する黒服の男。
 追っ手に気がついた逃走者は、慌てて走り出す。
 しかし、その距離は少しずつ縮まっていき、そして・・・・・・。
 ある一人の逃走者の逃走劇は、幕を閉じた。

 そして、午前9時。
 時間内になんとか移動をする事ができた逃走者達は、ほっと胸を撫で下ろした。
 だが、安心したのも束の間、彼らは恐ろしい事実に気がつく事になる。
 残るエリアはビスク中央エリアとビスク港のみ。・・・にも関わらず、そこに存在するエージェントの数は先ほどと変わらず、7名。
 ・・・つまり、1エリアに対するエージェントの人数が倍近くに増加した事になる。
 東エリアや西エリアにいたために、移動を余儀なくされた者達だけではなく、中央エリアや港エリアにいた者達にも、その余波はもちろん及んでいた。

 残り時間は、あと7時間。
 深夜に始まった逃走中も、すでに折り返し地点を過ぎ、すでに太陽が高く昇っている。
 逃走者達の心情は複雑だ。
 ある者は、何度もエージェント達の追走を振り切り、逃走成功への手応えを掴んでいた。
 その一方で、激化するエージェント達の探索の目に怯える者もいる。
 そして中には、高い逃走能力を持つものの、幸運というか不幸というべきか、誰にも会うことも無く、その能力を発揮できずに悔しい思いをするものもいた。

 そんな様々な思いの渦巻くビスクの街を、7人のエージェント達は無感情にただ走っている。

 すでに残る逃走者は半数を切っていた。
 果して彼らは逃げ延びる事ができるのであろうか・・・・?

(つづく)

 


 
スポンサーサイト


すみませんすみません


 Avalon一周年記念イベントのレポが途中になってますが、
最近仕事の忙しいのと体調が良くないのが重なって更新する力が残ってません;;
 申し訳ないです。

 少し落ち着いたら着手しますので、もう少しお待ちくださいm(__)m


第11回逃走中レポ(2)


※このレポは続き物になります。
1を読んでない方はこちら



 息を飲んで状況を見守る逃走者達に、無情にもアナウンスが届いた。
「逃走者1名 確保」
 開始からまだそれほど時間が経った訳ではない。だが、もう彼らはそこまで来ていると言うのか・・・。
 ある者は、一層見つからないように身を小さくし、ある者はどこにいるかわからない追跡者を振り切るように走り出す。

 そんな彼らに、さらに試練が与えられようとしていた。

 開始1時間が経ったその時、ミッションの開始が告げられた。

*MISSION 凍結されているエージェントの解凍を阻止せよ*
 エリア内凍結されているエージェントが6時に解凍されようとしている。それを阻止せよ。
 エージェントの解凍を阻止するには、逃走エリア内のどこか3箇所に設置されているスイッチを全て起動させる必要がある。
 スイッチは音声認識であり、スイッチ自身に書かれている問題の答えをスイッチの周囲で答える事により起動となる。


 逃走者達の間にどよめきが走った。
 エージェントの解凍を阻止する為には、どこかに存在するスイッチを探さなければならない。
 しかし当然それは、エージェント達に見つかるリスクを伴う。
 だからといって放置してしまえば、エージェントが増加し、結果として逃走は困難になる。

 そんな中、勇気ある数名の逃走者達が動き出した。
 「逃走中」は個人戦である。だが、この時は、ミッションクリアという一つの共通の目的の為に彼らは団結した。
 ある者は、ゾーン検索を使いスイッチのあるゾーンを絞り込む。
 ある者は、ゾーン情報のメモ欄を見てそれらしいMISSION用問題を見つけようとする。
 そしてある者は、スイッチを見つけ出す為に、走った。
 
 だが、そんな彼らの状況などお構い無しにエージェント達は逃走者を見つけ次第追いかける。
 ミッション中だからといって、彼らの追跡の手が止むわけでは当然無い。
 少しずつ、だが確実に確保者は増えていく。
 そんな状況に怯え、ミッションを諦める者、誰かがやってくれるだろうと信じ見守る者もいたであろう。
 それでもなお最後まで諦めず、走り続けた者もいたであろう。

 そして、時間は無情にも過ぎ去ってしまった。

「エージェント3名が解凍され、エリア内に放たれました」

 これで追跡者の数は合計7名。1エリアに2名近く黒服が動いている事になる。
 足の速さに自身のある逃走者でも、挟み撃ちにあえば逃走は容易ではない。

 そして、逃走者をさらに追い詰めるように、再び試練が襲い掛かった。

(つづく)


第11回moeで逃走中レポ?(1)


今月17日に行われた第11回moeで逃走中・・・
初めての一般公開ばーじょんは、多くの皆様にご参加いただき、無事終えることができました。

色々開催にあたり、人が集まらなかったらどうしようとか、途中で崩壊したらどうしようとか、不安もありましたが、当日は30名を越える参加者の方が集まっていただき、また皆様には特に目立った違反行為等も無く、ある程度予定通りに進行する事ができました。

この場を借りまして、参加者の皆様、運営に協力してくださった皆様、ここまで作り上げるのに協力してくださった全ての皆様にお礼を申し上げます。



さて、当日の結果報告・・・・・と思ったのですが、イベント中の運営側の状態は
((´Д`; )) 三 ((;´Д`))
こんな感じでして、
SSが一枚もありません
orz
次回は専属カメラマンも用意しなくてはと思う次第です。

・・・ということで、文章のみで当日の様子をできるだけ表現しようかなと無謀な試みを企ててみました。





 某月某日。
 暗く夜の帳が下りた頃に、ビスク港のシェル・レランギルド前に集まる人々。
 彼らは決して料理を作りにきたり、ギルドに入会する為に集まった訳ではない。
 その目的は・・・・・

moeで逃走中

 FS Avalonの一周年記念として企画されたそれは、一言で言えば「鬼ごっこ」である。
 参加者は「逃走者」としての参加になる。途中、出されるミッションなどで協力する事もあるが、基本は個人戦である。
 逃走者達は、決められた「逃走エリア」内を逃げ回る。

 対して、追う者は「ハンター」「エージェント」と呼ばれる。主催者サイドによって召集された彼らは、黒い服にサングラスという出で立ちで、個人差は有るものの、スプリンター並の瞬発力とマラソンランナー並の持久力を持つ集団である。
 彼らは感情が無く、ただ機械的に逃走者達を追いかける、まさに恐怖の捕獲マシーンである。

 もし、彼らから逃げ延びる事ができれば、逃走者は報酬を得る事ができる。
 途中で確保された場合、報酬はもちろん、無い。


 真円を描く月が南中する頃、16時間の逃走劇は開始された。
 逃走ゾーンは、ビスクの街の西エリア・東エリア・港エリア、そして中央エリアである。
 逃走者達が潜伏する深夜の街に放たれる4人の黒服の者達。
 息を潜め、身を隠す逃走者達。
 ・・・・・・だが。

 遠くから聞こえる悲鳴。
 逃走者達の間に戦慄が走る。

 果して彼らは逃げ延びる事ができたのであろうか・・・?

(続く)



第11回moeで逃走中を開催します


※この記事はイベント終了時まで一番上にくるように設定してあるかもです

moeで逃走中第11回はなんと・・・・・


20071111152922.jpg


Avalonの1周年公式イベントとして開催する事になりました!

11月17日(土)午後9時集合予定です。
(同時上映:ぶーたんの誕生日(嘘))

今回はオープンということで、FSメン・お友達関係以外にも開放して開催します。
オープン企画としては初めてなので、成功するかわかりませんが、みなさまのご参加をお待ちしております。

ルール等はAvalonマスターのブログになりますので、そちらをご覧ください。
マスターのブログはこちら


こちらのブログには1回~10回までの様子がありますので、こちらを見ると当日役にたつかも・・・・。

・・・にしても、X年前に初めてテレビで「逃走中」を見てからこれをmoeで再現できないかと考え、2007年5月にマスター不在となったFSを盛り上げる為のイベントとしてテストをした「moeで逃走中」が、ここまで大きなイベントとして行う事ができるのは、ひとえに、FSの皆様はもちろん
全ての参加してくれた皆様のお陰
です。
本当にありがとうございます。




第10回逃走中(結果)


大変遅くなりましたが、第10回逃走中の結果を載せます。

今回は、新しい試みとして

隠れているor逃げているエージェント?を参加者が追いかける

という形式でした。
13人のみなさまが参加してくださいました。ありがとうございました。
最初は12人だったため、3×4チームに別れ(あとから来たそもさんは1人チーム)
チームごとにエージェント達を追いかける事になりましたが果して・・・・。

また、今回は人数的にあぶれたので皇帝陛下たっての希望により、ヴィクトール陛下がボーナスキャラとしてエージェントに当日追加になりました。



それでは結果です

<手配犯1「イカ」 罪状:HENTA・・・・紳士 2ポイント>

イカは東エリアのベンチに座っておりました。
まるで「や ら な (以下自主規制)」
トップバッターなので比較的わかりやすい場所を設定していたのですが、あっさりとテレポートによりやってきたユーゼさんルセさんぶらいとさんチームに発見されてしまいました。



<手配犯2「くじんしー」 罪状:原作(ロマサガ2)にてヴィクトールを殺害 2ポイント>

くじんしーはイプス雪原に座っていました。最初はイプス峡谷(カーレイの方の)にしようとしたのですが(検索では普通のイプスもカーレイのイプスも同じく「イプス峡谷」と表示されるのでわかりにくいかなと思い)、あまりにも広いのでやめました。
しかし、雪原はあまりいい場所ではなかったようです。
実質レコ石のあるチーム以外はほぼ不可能になってしまいますので・・・。
・・・ということで、またしてもユーゼさんルセさんぶらいとさんチームによって確保されました。



<手配犯3「がらやか」 罪状:マゾマゾマゾ 3ポイント>

ひらがなの方のがらやかはQoAタイタンのビクトリアス広場の茂みに隠れていました。
QoAタイタンはマップが出ないため、タゲってマップを出して見つけることができないので苦労するかなと思ったのですが、あっさりと見つかってしまいました><
1人チームのそもさんが確保です。
・・・ここは結構自信あったんだけどなあ。



<手配犯4「???」 罪状:猥褻物陳列罪(ばいん) 2ポイント>

上のとは逆に、案外見つからなかったのがこちら、謎の仮面女です。闘技場のアクセル様の椅子にちゃっかりと座ってました。
北西は「イプスへ行く台座のエリア」と「昔はビスク西ゾーンだった闘技場エリア」の2つありまして、何人かひっかかってあっちに行く人がいるかなあ程度に思ってたのですが、
結構引っかかったみたい・・・・ヽ(^∀^)ノ
・・・その後大きなパンダのお兄さん(ゆーぜさん)に逮捕されました。



<手配犯5「さんじ」 罪状:リコールレイション(ドリンク) 3ポイント>

恐らく今回で一番罪状の大きい人物です。料理100のレランのくせにリコールレイションとドリンクを愛用している不届き者です。

さんじさんは、検索しても名前の出てこない場所に隠れていました。
ピンと来る方はすぐ来ると思いますが、WarAgeに隠れていました。
わかる方はやはりすぐわかるようで、すぐにそもさんに確保されてしまいました。

<手配犯6「GUARAYAKHA」 罪状:ハエのようにうざいモニコ ?ポイント>

最後の手配犯は通常の逃走中でもおなじみのエージェントBスプリンター型です。
最後ということもあり、クイズ番組などでおなじみの
「最後の問題はなんと10ポイント!」
えー今までの苦労が意味ないじゃん!というお約束のアレですw

逃走劇の舞台は小道あり、水路ありのヌブールの村です。
あえて、アルターの部屋を出たすぐの所に待機し、追跡者がやってきてから逃走開始です。

速度には自信がありますが・・・中身の人が実は村の細かい所詳わしくなかったりで、逃走中で1通り見たから大丈夫かなという甘い考えでやってみたのですが・・・・・。
川を渡った小道から地下の方へ行ったのですが、確か、モラ村長の家の方からもここ来れたと思うので誰かがそっちから回りこんでいるだろうと思って、水路へ・・・
しかし、水路の中で迷子に(つД`)゜・。
引き返してうろうろしていると、案の定村長の家の方からなんか変なHAGEが・・・・。
慌てて最初来た道を引き返そうとすると、狭い通路に大きなパンダの姿が・・・。
どっちが横すりぬけやすいかと考え、変なHAGEの方へ・・・・。
でもあっさり確保(TT)
・・・・そしてその横を通り過ぎていくまったく見ず知らずのパンダ・・・

ダマサレター(つД`)゜・。

ということで、とっておきの手配犯はあっさりとぶらいとさんに確保されてしまいましたとさ



<ボーナスキャラ「ヴィクトール」 罪状:(゜∀゜) 4ポイント>

当日飛び入りで逃走側に参加のパトロンマスター、ヴィクトール
陛下です。
ボーナスキャラということで、他の一般キャラの2倍の得点になります。
・・・おそらくあそこに隠れてるんだろうなあと思ってたら、やっぱりあそこでした。
あそこが気になる方はコチラ



以外とあっさりと全員捕まってしまった(エージェントが)逃走中でした。

優勝は
ユーゼさん・ルセさん・ぶらいとさんチーム
賞品:かぼちゃセットB(じゃっく・お・らんたん人数分、かぼちゃぷりん1k、賞金10万g)
おめでとうございます。

準優勝は
そもさん
賞品:かぼちゃセットA(かぼちゃステッキ・かぼちゃの煮物1k)
・・・一人なのに。
おめでとうございます。

そして、追跡劇の後は、
大抽選会
が行われました。・・・いや中くらいかも




今回の賞品は
ルセさんからサベージマスク
マスターから10万g、(あと、「明日までに600個よろしく」と言ったら本当にとってきてくれたへびの卵)
ルセさんテイトさんがんばさんが収穫してくださったかぼちゃ
おにまろさんが作ってくれたかぼちゃすてっき・じゃっくおらんたん
(らんたんが欲しいといったらレシピまで入手してきてくださいました)
などなど、みなさんのご協力によりご用意することができました。
ありがとうございます。

また、今回のゲーム中の司会進行は、Avalon期待の若手テイトさんにお願いしました。
ありがとうございます。
マタヨロシクネー


<考察>
 最近文面がすごく砕けてきていて、最初のほうとかなり記録の仕方が変わってますが、考察行きます。

 今回は新しい形で初めてという事で、手探り状態の物が多かったですが、色々見えてきた問題点としては、
・テレポがある無しで有利不利がかなり違う
・1回に1人しか出現しないと、全員がそこに殺到してしまい、その中で一人しか捕まえる事ができない
・点差が開いてしまう

等が一番目に付いた問題点であると思われます。

テレポによる有利不利に関しては、事前に考えていて、当初は
・イプス雪原ではなくイプス峡谷(カーレイ)
・テレポ進入のできないムトゥーム墓地に一人配置
の予定でしたが、都合により変更になってしまいました。
次回もし行う事があれば、もっと積極的にテレポ対策もしなければと思います(とはいえ、全く利用価値が無いのもなんなので、1箇所くらいはテレポがあると多少有利的なのもあってもいいとも思いますが)

2点目3点目の問題に関しては、その後いろいろな人と話しまして、意見を頂きました。
1、協力者を作り、数人ポップするようにする(今回と同じように、捕まったらccして次のがポップというのを3人くらいでやる)
・・・これをすれば、別々の場所に行く事によって、確保できる確立が増えますね。
2、最初に捕まえた人には2P、2番目には1P・・・と2、3番目くらいまでポイントをゲットできるようにする。
・・・これだと、2番目になってがっかりという事がなくなると思います。また、まんべんなく点がいきわたりやすくなり、点差が開きすぎるのを防げると思います。

以上2つを組み合わせると、まんべんなく点がいきわたるようになるのではないかと思います。

その他にも、いい案がありましたら随時募集しております。
・・・個人戦というのもいいかもしれませんね。


ということで、第10回逃走中をお送りしました。
今回も多くの皆様のご参加ありがとうございます。

基本は通常のシンプル逃走中を行いますが、時々このような変則ルールで行う事もあると思います。
ぜひぜひ次回以降もよろしくお願いします。

そして、次回は第11回逃走中です。日程は11月17日ですでに決まってます(ここの更新が遅いだけ)
次回はなんと・・・・・!

気になる方はコチラ




Template by †differ†
Cause Material by †FY†



copyright © 2005 moeで「逃走中」 all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。